女性に多い更年期障害|副作用が生じるケース

医者
カウンセリング

外科手術で解決

脳腫瘍の症状には局所症状と頭蓋内圧こう進症状の2つがあります。後者は慢性的な頭痛や吐き気などの症状を指します。また、治療方法としては外科手術と、外科では対応できない部位を治療できる放射線治療が基本になります。

更年期になる症状

医者

女性特有の症状

更年期になると女性の多くに現われる症状として更年期障害があります。40代以降に女性は閉経を迎えるためにホルモンバランスが乱れます。卵巣で作られている女性ホルモンの一種のエストロゲンが閉経前後に急激に減ります。その影響もあり肉体に様々な変化をもたらすのです。まずは身体が火照るような感覚や異常に汗が出ます。個人差があるので必ず起こる症状ではないのですが、更年期障害の代表的な症状としてこのホットフラッシュが挙げられます。さらに体調不良が続いたり頭痛や吐き気、眩暈なども現れます。また、精神的にも更年期障害は自律神経失調症の一種でもあるので、精神不安定になることがあります。感情がコントロール出来ない場合は安定剤を服用することになるでしょう。

治療の仕方

更年期障害の症状が現れたら専門クリニックで治療をするという選択肢もあります。自然に治癒する場合も多いのですが、自分でコントロール出来なくなり身体と心が疲れ切ってしまうケースもあります。抱え込むのではなく症状が悪化してきたら専門医に相談してください。薬物療法を行うことが多いのですが、場合によってはカウンセリングなども行うことがあります。人によって治療法が変わってきますので医師の診断に委ねてください。ホルモン療法を行ってホルモンバランスを整えることも可能ですが、薬の種類によっては副作用が生じるケースもあります。また、市販のサプリメントや漢方でも更年期障害に効果のある製品が多く販売されているので試してみるのも良いでしょう。

男性

検査で確認する

脳動静脈奇形は脳内において毛細血管を間にはさまずに静脈と動脈が直接つながってしまう状態のことです。それによって脳内出血が起こることがあります。治療するにはサイバーナイフによる放射線療法とカテーテルを使った閉塞手術があります。

看護師

女性に多い脳腫瘍

脳内のくも膜の表面の、くも膜細胞に発生する脳腫瘍を髄膜腫と言います。髄膜腫と脳神経外科で診断を受けた場合、治療は外科手術による腫瘍の摘出を行なうことが多くなっています。患者の年齢や状態によっては放射線療法を行なう場合もあります。また、外科手術と放射線療法を併用し治療するケースも増えています。