女性に多い更年期障害|副作用が生じるケース

看護師

検査で確認する

男性

脳動静脈奇形は脳内の血管の動脈と静脈が結びついている状態のことであり、後天性ではなく先天性によるものです。通常は動脈は枝分かれして毛細血管になっていき、それが集まることで静脈を形成します。しかしながら、この脳動静脈奇形の場合は動脈と静脈の間に毛細血管をはさむことなく、直接静脈と動脈がつながっています。このような状態だと毛細血管に小さく加わる圧力が直接静脈にかかることになり、血管が破裂して脳内出血を引き起こしてしまうことがあります。ちなみに、この脳動静脈奇形には特徴的な症状というものはなく、たまに偏頭痛や精神症状などの症状があらわれるくらいです。CTやMRIの画像検査によって確実に確認することができますので心配であれば受けるのもおすすめです。

脳動静脈奇形を治療するにはサイバーナイフによる治療が高い人気があります。これは放射線療法の1つであり、小さな病変に対して正確に放射線を照射することができて、脳動静脈奇形を閉塞させることができます。また、カテーテルによる治療も非常に効果的な治療方法です。カテーテルという細い管に塞栓物質を入れて脳動静脈奇形と血管との間を遮断します。これもまた非常に安全性の高い手術です。両方とも身体への負担はあまりありません。ちなみに、脳動静脈奇形には錠剤による治療はありません。出血を防ぐための手術を行うことが最も効果的なので手術による治療しか行われないのです。もちろん、けいれんを起こした場合にはけいれんを抑制する薬が処方されることはあります。