女性に多い更年期障害|副作用が生じるケース

看護師

外科手術で解決

カウンセリング

脳腫瘍の症状には次の2つの種類があります。それは局所症状と頭蓋内圧こう進症状です。局所症状とは腫瘍自体が脳の組織を壊して圧迫することで生じるものです。一方、頭蓋内圧こう進症状とは腫瘍が存在するところのスペースが小さいために腫瘍が大きくなって引き起こされるものです。慢性的な頭痛や吐き気や嘔吐などが具体的な症状になります。いずれの場合であっても、脳卒中のように突発的に症状があらわれるものではなく、徐々にゆっくりとあらわれてきます。しかも、段階的に進行していきます。ちなみに、脳腫瘍の初期症状はこれらとは異なります。痙攣発作が出現しやすいです。特に転移性脳腫瘍の場合は顕著にこうした発作が起こりますので、症状が頻発するようだと病院に行って検査を受けるべきです。

脳腫瘍の治療にはいろいろなものがありますが、外科手術を行うことが基本です。外科手術で患部の脳腫瘍を全て摘出することができれば最も望ましい治療になりますが、それができないことも多いです。他の部位に転移してしまっていて外科手術ができない場合などは、手術をすると言語や脳神経において機能障害が起こる可能性があります。そのため、このようなケースでは外科手術ではなく放射線治療が適切です。放射線治療は再発防止の効果もありますので、外科手術をしたあとにも行われることが多いです。方法としては2種類あります。分割外照射と定位的照射です。前者は広い範囲を照射するのに対して、後者はピンポイントで照射しますので、症状に応じて使い分けます。