女性に多い更年期障害|副作用が生じるケース

看護師

女性に多い脳腫瘍

看護師

脳腫瘍の中で、最も発生率の高いのが髄膜腫と呼ばれる、くも膜の表面のくも膜細胞に発生するタイプの腫瘍です。現在、脳腫瘍の患者の約2割以上が髄膜腫とされています。髄膜腫は脳腫瘍に分類されていますが、脳に直接腫瘍ができているわけではないので、脳を傷つけることなく治療が可能です。髄膜腫は殆どの場合が良性腫瘍であり、肥大や転移する悪性のケースは稀とされています。ただし悪性の可能性もゼロでなく、悪性の場合は腫瘍が急速に肥大化し、転移も早い為注意が必要です。髄膜腫は男性よりも女性の発生率の方が高く、特に40代から50代の中年の方の発生が多いのが特徴です。発症する部位は約5割以上が頭蓋内とされています。

髄膜腫の発症原因は現在明確にはされていません。女性の発症が多いことから、女性ホルモンの増加や変化が要因になっている可能性があると考えられています。髄膜腫は発生する部位によって症状も異なりますが、代表的な症状が頭痛、嘔吐、吐き気などです。特に起床時の早朝に、これらの症状は現れやすいとされています。症状が現れたら、すぐに脳神経外科を受診するようにして下さい。脳神経外科で髄膜腫と診断された場合、治療は外科手術による腫瘍の摘出が第一選択となります。患者の年齢や状態によっては放射線療法が選択されることもあります。ただし摘出手術に比べ、放射線治療は腫瘍の再発の可能性が高い為、摘出手術と放射線療法を併用するケースも少なくありません。